スターレットの特徴

[サスペンションはボディ剛性で強化]タイヤはノーマル・グループが165/、R週、スポーティ・グループでは175/㈹Ruを採用している。FF車にとってはサスも大事だが、このタイヤの容量が性能の余裕になる。スターレットはこの点いいタイヤを履いている。サスペンションは構造的には前ストラット/後トーション・ビームの比較的簡便なものであることは、安価なベーシック・カーでは仕方がない。しかし、新型では前輪のアームの取り付け点を変えてロールを減らしている。だが、もっとも効いているのはボディ剛性の強化でタイヤがよく地についているフィーリングを与える。立て付けを良くするとサスペンションまでがよくなった気がする。
ドライビング◎テクニック
ワン・ポイントで指摘したことが運転でも大事な締めどころだ。とはいっても、性能がいいと言われるスターレットは、もともとは経済的なベーシックカーである。このことは絶対忘れてはいけない。高性能版もこの安いボディをベースにしたスポーツカーなのである。

[ノーマル・バージョン]実用向きのノーマルは1300ccでもリッターカーと思って運転したほうがいい。味付けとしてはおとなしく使うことを想定している。まず、ドライビング・ポジションとしては、このクラスでは日本人的なスタイルの人にはごく自然に合うシートである。女性でもできるだけシートを下げてりクライニングを立てるポジションに慣れるほうがいい。この姿勢は大きな車だと不安がる人もいるが、このサイズではせっかく小回りがきくのだから車の角まで見えたほうがいい。高速でもこれは同じだ。ステアリングは径が小さく、パワ・ステなので軽い。そのため注意したいのはあまり強く握りすぎないこと。そうすることで、スターレットの直進性が手に感じられるようになる。このフィーリングはズシリと重く感じられるのが正しい。軽い車の割にタイヤのサイズが奢られているためである。注意したいのは、このクラスに乗る人は障害物に接近してから急にハンドルを切ってよける癖がある人が多くみられ、せっかく車の安定性をスポイルしている。これはハンドルの切りはじめで大きく切ろうとするからだ。それでも支障がないように感じるのはタイヤに余裕があるからで、滑りやすい雨や雪道では裏切られることがある。小さな車でも障害物は手前から大きくよけるとスムーズになる。同じスターレットでもこのように運転すると、走りに落ち着きが出てくる。中古車 高く売る ←こちらからいろいろな知識を手に入れましょう。

DW071_L

スターレットのワンポイント・アドバイス

[車が軽い]スターレットの場合は、車の絶対重量が軽い。もともと軽快なのがこの車の特徴なのだが、3ドアのGTで空車時の重量は満タンクで820蛇にすぎない。ところが、前後のタイヤにかかる重量は全則輪が530蛇、後輪が290蛇だから、その前後の割合は砺対弱で後ろが軽い。軽快でいいと喜んでいても、この前後の重量の違いは《スターレットの性格を決める重要なポイントである。運転する時には覚えておきたい条件である。[車体がコンパクト]スターレットは2300mmという短いホィルベースを保っているだけでなく、どんどんほかの車が幅を広げている時に、全幅を小型制限の1.7mより約加センチ狭い1600mm台を保持している。これは、全長3.7m程度の車としては広いが、日本の道路で運転する時には「道路が広く感じる」メリットがある。国産車では最小回転半径は前輪タイヤの中心の描く数字だが、それでも4.5mというのはFF車では小さい。オーバーハングが小さいボディなので、車体でもあまり違わない小回りが可能である。これには、2300mmというショート・ホィルベースが効いている。逆に言えば、高速ではこのよく曲がる性格を承知して急ハンドルを切らないように注意したい。それさえ守れば高速道路でも安定はいい車だ。.エンジンが強力.自動車のエンジンは何馬力あるから強く、pSが小 さいから非力というのは間違いだ。もちろんエンジンの性能にもよるが、それは車両の重量との相関である。スターレットの1300は、この点、最初からリッターカーより常に300ccを余力として持っていることになる。これが魅力だ。しかも、最新のEP配ではエンジンはすべてツィンカム妬バルブになり、ベーシック・カーでは考えられない賛沢な装備である。エンジンのところで説明したように、吸排気が改良された略パルプは、アクセルを踏んでからのレスポンスが早く敏捷性を高めた。しかも新エンジンはツインカムでも静かになった。←こちらのサイトがお勧めです。

DW074_L

スターレット

車の特徴・プロフィルトヨタ・スターレットは国民車構想のパプリカから蛉まり、それが1973年にパブリカ・スターレットー300に、そして1984年からEPm系、FFスターレットになった。特徴としては、ほかのリッター・カーと違い、最初からカローラー300のエンジンを搭赦したことである。そのためリッターカー・サイズのボディにしてはどのモデルもパワーに余裕があり、本衝的に高性能な体霞を持っている。この特徴を持つスターレットで、トヨタではモータースポーツ入門用のワンメーク・レースをやっている。市販の状態の車で、改造は禁止されているので比較的安上がりでレースを楽しめる。現在のモデルEP駆系は1989年皿月に発表された。ボディは3ドア・ハッチバック、5ドア・ハッチ4E‐FTEインタークーラーつきターボ・タ4E‐FEEFIタイプ4E‐Fキャブ・タイプバック。両方ともホィルベースは2300mmで同じ、車幅は1600mm級。エンジンは、新4E系、排気量1331cc、ツインカム略パルプ。イプGTのみ(1Nl453CCの高速経済型ディーゼル・エンジン)たくさんの車をこちらのサイトから→ご覧いただけます。

DW081_L

FF車グループ

自動車の前にエンジンがあってその下にある前輪を駆動する方式を前輪駆動車という(フロントエンジン・フロントドライブを略してFFという)。トヨタ車は22以下の車はすべてFF車になった。そのため、ここで最初にFF車に共通する注意をしておこう。FF車の特徴は重いエンジンと駆動メカニズムを前に集中し、後輪を駆動するフロントエンジン・リアドライプ(FR車)より全体に軽量にできるメリットがある。ただし、車の後部が軽量化されるために、重量の前後配分は前輪が重く後輪が軽い車になりやすい。FF車には長所と短所があり、これが運転に影響する。長所:FF車は、箱を前から引くように前輪でボディを引っ張るから、加速している時は直進、カーブとも安定がいい。そのため高速道路などでは直進が楽である。短所:FF車は前輪のタイヤでカジと駆動の両方を負担させるため、もし前輪が空転すると大事なカジも切れなくなる。この短所があるためFF車では急加速と無理なハンドル操作をすると前輪のタイヤの接地できる限度を超えて「車は曲がらなどという結果になる。カーブではできるだけこの短所を出さないように運転することが基本テクニックである。←こちらをご覧ください。

DW082_L

高性能な車

自動車メーカーは宣伝やカタログでどの車も高性能だと言う。当然である。だが、トヨタ車の味付けも、このように、実際に道路で使われるような条件では高性能だ。したがって、いわゆるオーナーが自分で買った車でやる程度の冒険なら、まずどの車もトヨタの予想する「キャパシティ」の範囲に入っているはずである。この程度のレベルで走って扱いようによって危険になる車ならトヨタは売り出さない。そこでトヨタ車でも「ハンドリング」に関して知っておいてほしいのは、どの高性能車にもそれぞれ「許容限度」というものがあるということだ。これは絶対的なものではなく、いくらメーカーが高いものを追求しても、市販車ではどこかで妥協しているという現実である。こればかりはトヨタでも値段、車格によって妥協点が違うと思う。スポーツカーだけが高性能という訳ではない。自動車のハンドリングの妥協に関しては、答えは簡単で、ほとんどそれはタイヤのもつ「接地キャパシティ」によって決まってしまう。この接地するキャパシティとは、タイヤ・サイズ、タイヤの性能、タイヤにかかる接地重量などで決まってくる「接地できる総容量」である。これを超えるとタイヤは横滑りや、タイヤ・ロックを起こし、走行中のハンドリングに影響する。運転から考えると、この「総容量」を知ることが最高の武器と葱る。だが、普通のドライバーではどこが限界か分かりにくいので、トヨタ車の場合ではそれをできるだけ事前に警告するような味付けにしてある。絶対評価では同じでも危険が近づいたことを早めに教えてくれる車のほうが安全である。一見、意気地がないように見えるハンドリング特性でも、それ以上危険を犯きないほうが安全だという考え方がトヨタ車にはある。それを承知して運転しよう。←こちらからいろいろな車の知識を蓄えましょう。

DW056_L