スターレット

車の特徴・プロフィルトヨタ・スターレットは国民車構想のパプリカから蛉まり、それが1973年にパブリカ・スターレットー300に、そして1984年からEPm系、FFスターレットになった。特徴としては、ほかのリッター・カーと違い、最初からカローラー300のエンジンを搭赦したことである。そのためリッターカー・サイズのボディにしてはどのモデルもパワーに余裕があり、本衝的に高性能な体霞を持っている。この特徴を持つスターレットで、トヨタではモータースポーツ入門用のワンメーク・レースをやっている。市販の状態の車で、改造は禁止されているので比較的安上がりでレースを楽しめる。現在のモデルEP駆系は1989年皿月に発表された。ボディは3ドア・ハッチバック、5ドア・ハッチ4E‐FTEインタークーラーつきターボ・タ4E‐FEEFIタイプ4E‐Fキャブ・タイプバック。両方ともホィルベースは2300mmで同じ、車幅は1600mm級。エンジンは、新4E系、排気量1331cc、ツインカム略パルプ。イプGTのみ(1Nl453CCの高速経済型ディーゼル・エンジン)たくさんの車をこちらのサイトから→ご覧いただけます。

DW081_L